コンテンツへスキップ

AIDMAモデル

消費者の行動までのプロセスを5段階に分けたマーケティング界において古典的なモデルの一つ。
Attention(認知)→ Interest(関心)→ Desire(欲求)→ Memory(記憶)→ Action(行動)の5段階

AIDMAの使用例:すでに認知はある囲碁の競技人口を増やすには「関心、欲求」にアプローチすべき。